戻る

【サポート情報】ヤマハAVプリアンプ「CX-A5100」ファームウェアアップデートの実施のお知らせ。

2017年1月5日 [ホームシアター・オーディオ]

ヤマハ株式会社は、2015年10月に発売しましたAVプリアンプ「CX-A5100」について、ファームウェアアップデートを実施いたします。

・アップデート内容

1.シネマDSP音場プログラム「Enhanced」(エンハンスド)の追加

2016年9月発売の「RX-A3060」より搭載している、新4音場処理アルゴリズムを採用したシネマDSP音場プログラム「Enhanced」を追加します。従来の4音場処理がセリフを中心にスクリーンへの集中度が高まる音場効果の特長に対し、新4音場処理は後方のサラウンド音場だけでなく前方のプレゼンス音場も左右独立(ステレオ)化し、全方向への音源移動に追従した音場創生が特長です。「Enhanced」ではマルチトップスピーカー(多数のオーバーヘッドスピーカー)と大画面を備えた最新の映画館の音場を目指して開発され、最新フォーマットのオブジェクトを含むすべての音源に追従する自然な音場効果と、制作者が意図するダイナミックな移動感や空間表現をもたらします。

2.「radiko.jpプレミアム」(エリアフリー聴取)に対応

radiko.jpロゴ

日本国内の民放ラジオ局の放送番組をインターネット経由でストリーミング再生する「radiko.jp」に対応します。お手持ちのスマートフォンやタブレットに「MusicCast CONTROLLER」アプリをインストールし、インターネット回線につながったネットワークへ接続することで、お住まいのエリア内の放送局が聴ける標準(無料)サービスのほか、radiko(ラジコ)のサイトで有料登録をし、IDとパスワードをアプリ経由で入力することで、全国の参加放送局が聴けるサービス「radiko.jpプレミアム*(エリアフリー聴取)」が楽しめます。

*詳細はラジコホームページをご覧ください。

3.パラメトリックEQの手動編集帯域(下限)の拡張

イコライザーを使って音色の調節を行う「パラメトリックEQ手動編集」について、中心周波数の下限設定値が従来の31.3Hzから新たに15.6Hzまで拡張されます。特にサブウーファーから出力される低域について、より細かく調節が可能です。

・アップデート方法・時期

■アップデート方法
ネットワーク経由またはUSBメモリによるアップデート。
 
■ファーム公開時期
2017年1月5日 詳細はこちら